アロニアとは

アロニア

アロニアは北米原産のベリー系のバラ科の小果樹で、英語では「チョークベリー」和名では「セイヨウカマツカ」という別名もあります。また、花の構造がナナカマドに似ていることから「黒い実のナナカマド」とも呼ばれます。

 

 

アロニア最大の特長

 

アロニアの特長は、ブルーベリーの3倍以上という、非常に多くのアントシアニンが含まれているとこと。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種ですが、一般的にアントシアニンが豊富と言われてきたブルーベリーやハスカップを遥かに超えた量が含まれていることから、アロニアの産地であるロシアや北欧では既に食品加工品として多くの人が利用しています。

 

日本では北海道、盛岡などで栽培されており町おこしの特産品としても認知度が上がって来ました。そのため現在では『ブルーベリーに変わる眼精疲労サプリメントの新定番』となりつつあります。

アロニアの効果・効能

アロニアは、目の健康をサポートするポリフェノール・アントシアニン、脂肪の分解を促進させる作用を持つカロテノイド、発がん性物質から体を守るβ-クリプトキサンチンを豊富に含んでいます。

 

アロニアが持つ健康への効果

 

◎眼精疲労回復・眼病予防など目の働きを良くする効果
◎ダイエット効果
◎メタボリックシンドロームなど、生活習慣病の予防
◎ガン抑制
◎老人性痴呆超予防
◎花粉症予防
◎アンチエイジング(若返り)効果

 

続きは…>>疲れ目に効くだけじゃないアロニアの効果・効能

アロニアに含まれる成分と特長

アロニアの主成分は、リンゴ酸・食物繊維・アントシアニン等のポリフェノール・β-カロテン・β-クリプトキサンチン等のカロチノイドによって構成されています。

 

なんといってもアントシアニンの量はすべての自然由来の食物の中ではNo.1といえるほど豊富でブルーベリーやハスカップの比ではないとして注目されています。

 

続きは…>>ブルーベリーを遥かに超えたアロニアの栄養価

アロニアはどんな味?

アロニアブルーベリー

一見ブルーベリーにそっくりなアロニアですが、皮をむいてみるとその差は歴然。ブルーベリーの実が透明度のある白色なのに対し、アロニアは皮同様、実の芯まで濃い紫色をしています。

 

この黒っぽい実の色からも想像できるように、実はアロニアはブルーベリーのように生で食べても美味しい、というわけではないんです。
それどころか、はっきり言って、不味いです。。。ブルーベリーの粒の中にアロニアをひとつぶ混ぜておく、なんていうイタズラをしかけたら、さあ大変!

 

続きは…>>アロニア・黒い実の味の正体

アロニアの食べ方は?

生のままでは不味くてとても食べられない!というアロニアですが、加工をすることで食べやすくした商品も販売されています。例えば、飲料ではワインやジュースに、お菓子では雨やグミ、ケーキのクリームにしたり、ジャムやフルーツソースなどもヨーグルトにかけたりして食べると相性が良くおいしく食べることができます。

 

加工して食べやすくした分お砂糖がたくさん含まれることにはなりますが、健康食品としてアロニアを摂取するには、やはりサプリメントを摂取することが一番良いでしょう。

 

続きは…>>アロニアの食べ方

アロニアの効果記事一覧

アロニアは、ブルーベリーより多くのアントシアニンが含まれていることから、眼精疲労や血液循環促進、高血圧予防に効果があるといわれています。抗酸化性が高く、血液中の酸化作用を抑制する働きがあり、老化防止や生活習慣病の予防に効果が期待出来ます。また、北海道の新薬開発研究所によるアロニアの機能性試験(健常人ボランティアとラットによるアロニア果汁・エキスの安全性と毒性を調査したつの試験)を実施した結果からは...

アロニアは眼精疲労に効果があると期待されています。アロニアというのは、寒い地域のバラ科の植物ですが、ポリフェノール・アントシアニンという物質が、ブルベリーの3倍も含有されていることはヨーロッパなどでは有名です。アントシアニンといえば、赤ワインやブルーベリーなどに含まれている物質、ということで一躍脚光を浴びましたが、近年の研究で、アロニアにはブルーベリーなどは比べものにならないほどのアントシアニン含...

アロニアという果実の持っている特徴でまず注目したいのは、血液中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減少させるため、体重の増加や脂肪の蓄積を抑えるという効果、そしてアロニアに含まれているカロテイドは緑黄色野菜に多いと思われがちな成分を含んでいるという部分です。アロニアに含有されるポリフェノールとカロテイドによって脂肪の分解を促進させる働きが発見され、女性の間でダイエットに効くと話題になっていま...

『自律神経を整える』という面でもアロニアに含まれている成分に注目が集まっています。アロニアにはポリフェノール類が豊富に含まれ、様々な研究機関の実験結果により、自律神経の活性化が高まると期待されています。アロニアの中にある特徴的な成分の1つに、褐色細胞中のUCP1の発現を高め、体内でエネルギーを作りやすくする働きがあります。この作用を体内で有効活用させるために、アロニアの成分を含んだドリンクやサプリ...

一般的に老化を防ぐということを考えると、活性酸素を抑えなければなりません。活性酸素とは日常生活を送るなかで、紫外線や、ストレス、排気ガス、喫煙などが原因となり、活性酸素は増えていきます。そうすると、体のさびつきや、体調不良を起こします。じゃあ、どうすれば、活性酸素を抑えることが出来るのかが問題となってきますね。活性酸素を抑える成分としてポリフェノールがあります。ポリフェノールの一種、アントシアニン...